« 猫社会 | トップページ | 流涙症 »

2010年7月28日 (水)

猫のトイレ事情

「トイレじゃないところで、排泄してしまう。」これ、猫ちゃんの困った問題No.1じゃないかと思います。なんてったって、臭いですから、そりゃあ、そりゃあ困ります。困ってらっしゃるかたは、治したいに決まってます。案外、簡単に治ることがあります。治せないこともあります。それは、それぞれの事情によるからです。

猫のトイレ失敗の理由ですが、大きく2つに分かれます。1つは、泌尿器系の病気、尿量が増える病気、排尿・排便時に痛みを伴う病気などです。ですので、まずは、こういった健康上の問題がないかのチェックをしてみなければなりません。もう1つは、行動学的な問題ということになります。①膀胱炎で排尿時に痛かった=トイレは痛いもの…のような学習によるもの、②トイレ自体の問題、③マーキング、④ストレスによるものなどです。

では、それぞれの対処法。①トイレを嫌なものと学習してしまった場合。ごく、単純に、トイレを変える。砂を変える。場所を変える。なのですが、お気に入りのNEWトイレにしてもらえるよう、次の項を参考に、トイレ設置をしましょう。

②トイレ自体の問題。猫のこだわりトイレ重大5事項です。その1は、大きさ。本来、屋外で排泄をする際には、どこに排泄しようかと、そのあたりの臭いをかぎながらウロウロし、砂を掘って排泄し、また、ウロウロしながら砂をかけるものです。結構、広いスペース内で吟味して排泄したいのです。なので、狭いトイレでは、不服。猫の長さの1.5倍以上の大きさがほしいところです。その2は、カバーは嫌。通常、青空の下で用を足す動物です。狭くて、臭いんじゃあ嫌なんです。こだわりその3は、砂の種類。通常は、土の上で用を足しますので、それに近い、細かなものを好みます。その4、トイレの場所。やっぱり、落ち着けないと、です。洗濯機などの音がうるさいのは嫌。真っ暗闇も嫌。いつもの居場所から、遠ーいのだって嫌。そして、意外と重要なのが、こだわりその5、トイレの数。いつも清潔でないと嫌だし、他の猫が使ったトイレは嫌だとか、便と尿は別のトイレと決めてる猫もいます。トイレの数は、猫の数プラス1が理想的です。

おたくの猫ちゃんは、MYトイレに満足してるでしょうか?不服なサインを見逃してないでしょうか。排泄する時、トイレの縁に立つ。さほど、掘ったり埋めたりせず、さっさとトイレから出てくる。ないしは、飛び出してくる。トイレの後、足を振る。これらは、「このトイレ嫌ー!」のサインです。(え?猫って、トイレの縁に立つんじゃないの?)(トイレの後、足を振るもんじゃないの?)なんて、ちょっと、ドキっとしますね。

③マーキングとは、尾をあげて少し震わせ、尿をスプレーすることで、「ここ、通りました」というコミュニケーションのこともありますし、ストレスにより、マーキング行動をすることもあります。去勢手術は必須ですが、それでダメなら、窓から外の猫が見えないようにするとか、多頭飼いの場合は、猫同士の関係に注目して、ストレスの原因を解明しなければなりません。トイレに行くのを邪魔したり、トイレに入ってると襲ったりする、いじめっこが猫ちゃんにもいるのです。隠しカメラで、こっそり猫社会を観察してみるのも、手掛かりになるかもしれません。

④ストレスかもしれない場合。ストレス原因の究明はもちろんですが、トイレを大きくすること、数を増やすこと、いろんな場所に置くことで解決されることは多いので、まずは、実行したいことです。「うちには、そんな置き場所なんてないし…。」と言いたいところかもしれませんが、ちょっと、知恵をしぼって、やってみる価値はあるようです。ですが、どうにも、解決困難なら、抗うつ剤というリラックスさせる薬を使用します。ただ、効果が出るまでに4~8週間かかりますし、行動療法を受け入れやすくさせる手助けとはなりますが、薬で全てが解決するものではありません。

さて、猫のトイレ事情の数々いかがでしたでしょう。猫にだって、事情と言い分があるんです。トイレ以外で排泄したからといって、叱ってはいけないのです。精一杯、イライラをアピールしているのですから。

|

« 猫社会 | トップページ | 流涙症 »

ペット」カテゴリの記事