« しっぽの事件 | トップページ | 尿閉 »

2011年2月15日 (火)

歯頚部吸収病巣               (破歯細胞性吸収病巣)

猫ちゃん特有の歯のトラブルです。なぜ、猫ちゃんだけなのか、何故なるのか、はっきりとは解っていないトラブルです。

歯の歯茎との境目あたりが溶けてしまうトラブルで、一見、虫歯のようなものですが、メカニズム的に異なるので、この様なややこしいネーミングなのです。

Photo この写真では、歯石や病巣部分を覆っていた歯肉が除去されていますので、こんな風に赤々と病変が見えますが、処置をする前は隠されてしまっていることも多く、気付きづらいものです。

進行すると、歯がピンク色に変色したり、歯肉が大きく盛り上がるので、その下にはこの病巣があるんだろうと察しがつくようになります。

歯の硬い部分が溶けてしまって、髄の部分が露出されていますので、写真程度の病巣でも、痛みがあるはずです。

もっともっと進行すると、露出した髄から感染を起こして、歯根炎や歯根膿瘍を生じてしまったり、ぐるりと一周近く溶けてしまって、ポロッと歯の付け根で折れてしまうこともあります。そうすると、歯槽骨内に残された歯根が化膿してしまってトラブルが勃発していても、歯が無いだけに、発見しづらくなってしまいます。

先日、「食欲が低下している。」というボチボチ中年になるおばちゃん猫を診察しました。血液検査では、少々、白血球という炎症や感染があるときに増える細胞が増えています。さあて、どこで、何が…?を探らねばなりません。食欲低下以外には、これといった症状はなく、身体検査でも、残り僅かな歯に歯石ががっつり付いていること以外に、さほど気になるところもありません。

不妊手術を受けていない中年猫さんですので、子宮に膿がたまる病気も心配でした。そこで、レントゲンや超音波検査もおこないましたが、食欲不振の原因は特定されずです。歯根のトラブルはありえることなので、ひとまず抗生物質を投薬してみることにしました。幸い?明らかに食欲が増し、体重も増えました。オーナーさん的にも、思い返してみると、治療前には食べにくそうなそぶりや口臭があったように思うとのことでしたので、麻酔をしてしっかり歯の治療をすることになりました。

結果的には、ほとんどの歯が、この歯頚部吸収病巣(破歯細胞性吸収病巣)におかされたあげくに歯頚部で折れてしまい、そのうちの数ヵ所で、残された歯根が感染を起こして、膿がたまっているような状態でした。感染を起こしているところ、起こしそうなところの残根は、摘出しなければなりませんが、歯がすでに無く、埋もれてしまっている歯根を探すのは意外と大変です。レントゲンで顎の骨に埋もれている歯根を確認しながらの、厄介な作業となりました。

かなり、ガリガリと顎の骨を傷められることになりましたので、腫れや痛みを心配しましたが、翌日から、モリモリと食べ始めてご機嫌でしたので、ひと安心しました。ずっと、うずいていた痛い歯根が無くなったほうが、スッキリしたのかもしれません。

悪さをしていた歯根が無くなり、歯の痛みからは解放されてくれるはずですが、長い間、細菌を溜めこみ、それが全身に入りこんでいたことは取り戻せません。少しずつ、腎臓や、心臓、肝臓など身体中に悪さを続けていたはずで、案外、こういった歯からの感染はバカにできない健康被害なんです。

|

« しっぽの事件 | トップページ | 尿閉 »

ペット」カテゴリの記事