« 猫の正しい飼い方講習会 | トップページ | 雪 »

2014年1月23日 (木)

尿閉?膀胱炎?マーキング?

猫は季節繁殖動物といって、「さかり」は日照時間の変化を感じることでコントロールされています。最も、仔育てに望ましい季節に仔が産まれてくるようにと仕組まれた、素晴らしい自然のシステムです。

通常、日が長くなり始めることでスイッチが入りますので、一年で最も昼が短い冬至を過ぎるとスイッチが入るのが通常で、約2カ月間の妊娠期間を経て、寒さが和らぎ始めた頃に産まれてくるという仕組みです。

近頃、「さかり」が始まったという猫ちゃんの来院が増えてきました。激しく鳴いたり、落ち着きなくなったり、食欲が減退したりという問題や、尿をトイレ以外のあちこちでするようになるという問題が起こります。よく、「♀もするの?」と驚かれることがありありますが、♂のようにペニスが付いていないので、壁など上の方向へ吹き付けることはできませんが、♀も、通常通りのしゃがんだ排尿姿勢で、ちょこっとずつ尿をする行動は行います。

ただ、膀胱炎でも、尿をトイレ以外のあちこちですることがあります。トイレに何度も行っている場合は、むしろ、膀胱炎の方が疑わしいかもしれません。確認のため、尿検査をしておく方が安心です。尿に異常がなければ、発情兆候のひとつですので、健康上の問題はありません。

このところ、「トイレ以外のあちこちで尿をする」猫ちゃんが、数件、来院されています。細かい膀胱結石がペニス先詰まって、尿が出なくなった経験のある猫ちゃんが、「尿が出ない!」と、大慌てで来院されましたが、尿検査の結果は異状なし。マーキングしすぎて、出す尿がないのに、さらに、マーキングしようとしてたから、排尿姿勢をとっても尿が出ないだけでした。

トイレ以外の排尿は、一緒に暮らす私達も困りますし、猫ちゃんにとっても、ムラムラ、イライラし続けて暮らすストレスも大きいものがありますし、♀は高頻度で子宮卵巣疾患が生じますので、その防止のためにも、去勢・不妊手術をお勧めしています。

その、大慌てで来院された♂猫ちゃんのオーナー様にも、去勢手術をお勧めしましたが、どうも、歯切れが悪い。。。時折、いらっしゃるのですが、去勢手術に躊躇される男性陣。同じ男子として、心が痛むことのようですね。どうも、そこは、踏み込めない領域な気がして、私も強くお勧めできなくなってしまうのですが、私的には、切なそうな♂猫ちゃんがお気の毒なんですけれど。。。(;´・ω・)

|

« 猫の正しい飼い方講習会 | トップページ | 雪 »

ペット」カテゴリの記事