« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月24日 (水)

大阪動物愛護フェスティバル2014 in 中央公会堂 ご報告

9月21日(日)、中央公会堂での大阪動物愛護フェスティバルが盛況に開催されました。

20140921_131928_resizedエントランスには、恒例の幼稚園に通うお子様方の可愛い力作。カラフルな動物達が楽しませてくれています。

20140921_132134_resized

まずは、長寿表彰動物のスライドショー第一部。可愛い猫ちゃんワンちゃんのお写真と、ご家族のコメントに、何だかウルっときてしまう、温かい時間でした。20140921_132433_resized

特別講演「高齢動物についての社会と歴史」も、興味深く拝聴させていただきました。時代とともに、人と動物の関わり方も変わってきます。そもそも、伴侶動物という関わりで動物を飼育するようになったのは、江戸時代だそうです。猫は、ネズミ退治のためもあって飼育され始めたそうです。

近年になっての新たな関わり方としては、ワンちゃんのお散歩に外に出ることで、活動的になるし、ご近所の方との交流もうまれ、とくに、リタイアされた年代男性の、心身の健康に役立っているという面があるのだとか。

ですが、高齢になると、新しく動物を飼育するには、最期まで自分が責任を持ってお世話できるかという健康上の自信を持てずに断念してしまうこともあるというのが実情。そこで、動物も一緒に入居できる介護施設などの受け入れ体勢を見直していく必要があると思う。というお話。なるほど、なるほど。と、考えさせられるお話でした。

その後、長寿表彰動物のスライドショー第2弾。特別表彰として、動物園動物も登場して、楽しいエピソード盛りだくさんでした。20140921_160713_resized_2大型犬、中・小型犬・猫それぞれの最高長寿の代表さんが、壇上で表彰を受けて、会の締めくくりとなりました。受賞者の方には、それぞれ表彰状と、受賞動物さんの写真がプリントされたマグカップが記念品として贈呈されます。

会が終わり、ご家族に支えられてお帰りになられるおばあちゃまの「楽しかったわ。ありがとうね。」とおっしゃる笑顔に、幸せな気持ちにさせてもらった一日でした。

|

2014年9月20日 (土)

大阪動物愛護フェスティバル2014 in 大阪市中央公会堂

Fe
明日、9月21日(日)、午後1時30分から午後4時まで、大阪市中央公会堂で大阪動物愛護フェスティバルが開催されます。

長寿表彰動物たちの写真スライドショーがあります。上手に可愛く撮られたお写真は、みんな愛情いっぱいで、愛おしさが伝わってきます。

人と動物の関係学にお詳しい、関西学院大学・社会学部教授の奥野卓司先生が、「高齢動物についての社会と歴史」というタイトルでご講演くださいます。私にとっては、獣医さんでない先生のご講演を聴く機会は貴重なので、楽しみにしています。

お時間のある方は、是非、お立ち寄りください。中央公会堂の内装は、とてもモダンで素敵なんですが、中に入れるのは、なかなか無い貴重な機会です。

|

2014年9月16日 (火)

さかい動物愛護フェア

9月20日から26日は、動物愛護週間です。

堺市では、さかい動物愛護フェアが開催されます。9月23日(火・祝)、堺市動物指導センターにて、10:00~16:00開催です。

会場には、飼い主様からご応募いただいた「おもしろペット写真展」、その他、様々なパネル展示があります。

堺市獣医師会では、恒例となりました、缶バッチ作成サービスを行いますので、是非、可愛いワンちゃん(猫ちゃんは怖がるから無理ですね・・・)とご一緒に遊びにいらしてください。

また、低料金でのマイクロチップ装着(装着費用¥2000+登録料¥1000)も行なっておりますので、まだ、装着されてらっしゃらないようでしたら、この機会をご利用ください。

フェアの催し事として、別会場(サンスクエア堺)で、「飼い犬の正しい飼い方講習会」(事前申し込み・無料)も開催されます。「愛犬の健康管理」について、当堺市獣医師会会員の獣医師が講義します。家庭犬しつけインストラクターによる「犬のしつけ方」の講義もありますので、ご興味ある方は、9月17日までにお申し込みください。

動物指導センター会場内では、健康相談、しつけ方相談コーナーを設けております。「動物病院へ足を運ぶまででもないけど、ちょっと、気になる・・・」なんてことを聞くチャンスです。しつけのプロに、しつけ方相談できるのも、またとないチャンスですので、是非、ご利用ください。

譲渡犬猫の見学もできます。新しく、ワンちゃん、猫ちゃんの飼育をお考えの方がいらっしゃいましたら、お見合いにいらっしゃってください。ペットショップにも可愛い仔犬、仔猫さんはいますが、亡くすかもしれない命を救ってご家族に迎え入れてあげれたら、動物もヒトも豊かな暮らしがおくれます。

詳しくは、堺市HPをご覧下さい。

|

2014年9月10日 (水)

「犬猫を多数飼育する飼主」の届け出

平成26年7月1日から、「犬猫を多数飼育する飼主」は、届け出をしなければならなくなりました。多数飼育=10頭以上と決められています。

10頭以上になってから30日以内に届け出しなくてはなりません。ただし、生後90日以内の仔犬、仔猫さんは含まれません。

届け出に費用はかかりませんが、届け出義務を怠ったり、虚偽の届け出をした場合には、5万円以下の過料が課せられますので、ご注意ください。

このような制度を設けた主旨は、多数の動物を飼育していると、全てに十分な世話が出来ず、動物の虐待につながることがあるので、それを防ごうということが一点です。

もう一点は、清潔な環境維持が難しくなっての悪臭や、鳴き声の問題で、周辺に迷惑をかけることがないよう、社会と動物の共生を実現させるためということです。

決して、多数飼育を非難する制度ではありませんが、動物にも周辺にも危害を生じないように飼育しなければならないことを、喚起するためではあります。

動物を飼育することで、動物は擁護されて心地よく暮らせ、人は動物に癒されて健やかに暮らせる。そんな社会を実現させるための制度です。

詳しくは、大阪府HPをご覧ください。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »