« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月20日 (土)

ルミナリエ

先だって、所属している研究会の総会が、三ノ宮で開催されました。時期会長の発案で、阪神大震災の年から20年目の今年、総会後に、皆でルミナリエを散策しようという企画でした。

阪神大震災のとき、私は、東京の動物病院に勤務していました。朝からバタバタと仕事をしていたので、大震災のことを知ったのは、夕方、診察にみえた患者様にお聞きしてのことでした。

その翌日は、オフだったので、あまりにも衝撃的なテレビ映像に釘付けのまま、涙が止まらない一日を過ごしました。私が生まれてこの方、最も悲惨な出来事でした。

大阪の実家でさえ、ひっくり返るほどの揺れだったと聞きますから、神戸近辺の揺れは、想像を絶するものがあります。

阪神大震災のときは、何もかもが想定外の出来事ということで、人の救護だって手探りでままならない中、動物救護にいたっては、随分時間がかかったのだろうと思います。

福島の被災の時には、人、動物の救護共に、阪神大震災での経験をいかせたとは聞きますが、まだまだ課題は山積みです。私達、獣医師は、単に動物を救護するというだけでなく、混乱した被災時に生じうる、動物を介して人に感染する病気についての公衆衛生的な役割も担わなければなりません。

大阪府獣医師会では、万が一の場合にも、行政と手を取り合って、スムーズな活動ができるよう、「災害時における動物救護対策委員会」を立ち上げています。委員会に携わっている先生方は、自分の病院の仕事もしながらですから、大変なご労力だと思います。

大きな災害は無いにこしたことはありませんし、万が一の時には混乱無く済めばよいと願うばかりですが、ルミナリエの光を観ていると、大阪府獣医師会のみならず、陰でご尽力くださっているであろう数々の力が見えるような気がしました。

ご一緒した、カメラ大好き先生が撮影したルミナリエです。広角レンズを駆使して撮影されてらっしゃいました。実物は素晴らしかったけど、写真は幻想的でこれまた素敵です。

10849795_741504819262861_8735576163

10850180_741504829262860_5854314747

10403635_741504869262856_5496954423

|

2014年12月 8日 (月)

耳血腫

耳血腫とは、そのネーミングの通り、耳介に血だまりが出来て、プクッとなった状態のことです。

Ume1_2

なんと、我が家の爺アメリカン・ショートヘアー、虫太郎が、耳血腫になってしまいました。片耳だけプクッと膨らみ、スコティッシュ・フォールドのように垂れています。

たいていは、外耳炎などの痒い理由から、掻いたり、耳を振ったりし過ぎることで生じますが、まれに、自己免疫性疾患でも生じることがあります。

虫太郎は、幼少時に耳ダニ感染があったことで、外耳炎を生じやすいのですが、爺になって色々と脆くなってしまったんでしょう。情けない顔になってしまってます。

以前は、溜まるスペースがなくなるように、切開したり、皮膚と軟骨を細かく縫合してくっつけてしまったりする治療方法が主でした。

Bcaab7ecbcf003

いつからか、どこからか、ネコ用のインターフェロンを耳血腫内に注入するとよいという報告が出てきました。ネコ用のインターフェロンは、俗にネコ風邪とよばれるネコカリシウイルス感染症の治療で認可を取った薬剤です。

「なんで?」と思わずにはいられませんが、そもそもインターフェロンは、ウイルスや腫瘍から身体を守るために免疫や炎症反応を調節する働きをするものですから、理には適っているというもの。

溜まっている液はある程度そのままにして、インターフェロンと消炎剤のコルチコステロイドを、1週間毎ていどに注入します。1ヶ月以上要するケースもあれば、1回で治まってしまうケースもありますが、たいてい、手術せずに治まってくれます。

虫太郎も、1週間前に「注入の義」第1回目を行いました。当然ながら、少々嫌がるのを抑えて処置せざるを得ないのですが、その後のヤツの不貞腐れぶりは半端ありません。この寒いのに、棚の一番下に入りこんで出てこなくなってしまいます。

やっと、ソファーのフカフカマットのところへ出てくるようになってたのに、本日、第2回目の「注入の義」予定です。ε-( ̄ヘ ̄)┌

|

2014年12月 2日 (火)

年末年始の診療案内

早いもので、今年も師走となりました。

12月に入った途端の寒波で、急に、師走らしい気候になりました。

皆様、これからご多忙になられることでしょうから、くれぐれも、ご自愛くださいませ。

かういう私も、12月は様々な所属団体の会議、忘年会が目白押しで、すべての休診日に予定が詰まっており、超ハード・スケジュールをこなさなくてはなりません!(^-^;

毎年、年末は31日まで通常通り診療し、お正月三が日は休診とさせていただいております。

来年は、1月4日が日曜日となっておりますので、1月1日から4日までを年始休暇とさせていただきます。

年内は、31日まで診療しておりますが、メーカーさんが26日までで休暇に入り、療法食等の入荷ができなくなります。

ご入り用の場合は、お早目にお願いいたします。

 

 

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »