« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 5日 (火)

腸重積

体重1kg足らずの仔猫ちゃんが、腸重積の手術を終え入院中です。

腸重積とは、腸が腸の中に入り込む状態ですが、そう言われてもイメージするのが難しいでしょうか???こういうことです。

Intus
前日の朝までは、元気だったのに、数回嘔吐した後、ぐったりしてしまったとのことで来院されましたが、お腹を触診すると、不自然に大きな塊があり痛がります。結局、この塊は、腸が腸の中に入り込んだ部分だったのですけど、この仔猫ちゃんの場合、重積した小腸が、さらに大腸の中へ入り込むという重症さんでした。

なんとか、大腸に入り込んでいるのは戻せましたが、小腸の重積部分はすでに血液循環が途絶えてしまって、真っ黒い状態でしたので、取り除いて健常な小腸同士を繋ぐ手術を行わなければなりませんでした。

保護した仔猫ちゃんなので、正確な月齢は解りませんが、歯のしっかりさからすれば、あまりにも小さく痩せた成長不良な仔猫ちゃんです。腸重積は、下痢が続いた末に生じることが多いのですが、この仔猫ちゃんも、恐らくは長く下痢をしていたのでしょう。保護されて、治療を受け、ようやっと調子よくなってきた矢先の急変でしたので、驚きました。

とにかく小さな仔猫ちゃんですし、腸の状態も酷いものでしたし、手術後の覚醒も悪かったので、(助からないかもしれない)という心配が過ぎります。

手術後8時間ほどして、ようやっと体を起こすようになり、翌朝には「ミャー!ミャー!ミャー!」と叫ぶ叫ぶの、驚きの回復力。でも、まだまだ、油断はなりません。

なんとか頑張って欲しいです!!!

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »